ED治療薬シアリス

ED治療薬シアリス/総合力に優れたED治療薬

ED治療薬シアリス

ED治療薬シアリスは、現在発売されているED治療薬3種類の中では最も新しい薬ですが、優れた所をたくさん持っている、すばらしいED治療薬なんです。

 

ED治療薬シアリスは、先発の「バイアグラ」「レビトラ」の良い所はさらに増強し、デメリットだったところは改善されています。

 

ED治療薬シアリスの増強された部分は、効果が36時間と大幅に長くなったことです。

 

 

バイアグラですと5時間程度、レビトラだと8時間程度ですから、その効果の長さは跳び抜けていますよね。

 

ED治療薬シアリスは、金曜日の夜飲むと、日曜日の午前中まで効果が続くことから「ウイークエンドピル」という別名があるくらいです。

 

ただ、効果が続くといってもずっと勃起しているのではなく、外的な刺激があった場合に勃起するので、一度射精してしまうとしばらくは「お休み」しなくてはなりません。

 

次に、バイアグラのデメリットであった食事の影響ですが、ED治療薬シアリスは服用した後に食事をしても効果に影響はありません。

 

この事は結構重要で、セックスにおいて特に女性は、雰囲気が盛り上がることを好みますよね。

 

男性は、ただ挿入して射精するだけで満足しますが、女性はセックスに至る経過を重要視するので、食事をゆっくりしてお酒なども少し入った状況を望むのではないでしょうか。

 

 

そういう意味からいっても、ED治療薬シアリスのように服用してから食事をしても効果に影響が無い事は、大きいメリットですよね。

 

ED治療薬シアリスには、10mg錠と20mg錠がありますが、はじめて使用する場合は10mg錠からにしましょう。

 

効果が大きそうだからと言って、最初から20mg錠を服用してしまうと、身体が20mg錠に慣れてしまい、10mg錠で十分効果があったのに「無駄なお金」を使うことになってしまいますからね。

 

さらに、費用対効果を考えるとED治療薬シアリスのジェネリック(後発薬)を使用する選択肢もあります。

 

ED治療薬シアリスのジェネリックは、成分はシアリスと同じにもかかわらず金額がシアリスの半額以下で購入することが出来るんです。

 

ED治療薬シアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬シアリス成分

ED治療薬シアリスの成分は、タダラフィルでタダラフィルはPDE-5阻害薬と言われています。

 

ED治療薬シアリスは、勃起をサポートする効果が36時間ものあいだ持続するのが特徴です。

 

これはバイアグラなどの約9倍の持続時間で、欧米では「ウィークエンドピル」と呼ばれて人気があります。

 

ED治療薬シアリスのような「PDE5阻害剤」は、“勃起を助ける”薬です。

 

勃起を起こす薬と考えるのは誤解で、性欲も無いのに勃起させるわけではなく、薬が効いている間ずっと興奮し続けて困るようなこともありません。

 

勃起のメカニズムは、性的刺激による現象であり、性的刺激を受けると、陰茎の神経や血管の内皮からNO(一酸化窒素)が放出され、そのことで血管を広げるcGMPという物質が産出され、血流が促されて勃起の開始・維持が出来るんですね。

 

ところが、動脈硬化によって血管内皮が傷んでしまうとNOの放出が十分でなくなるため、cGMPも少なくなる。

 

結果として勃起に障害が生じてしまう。

 

そのうえcGMPはPDE5という酵素に分解され、消えていく物質なんです。

 

PDE5阻害剤は、このPDE5の働きを阻止することでcGMPを長持ちさせて勃起を助けるんです。

 

少し専門的になりましたが、シアリスは「精力剤」ではなく、あくまでも性的刺激があった時に勃起を促す薬なんですね。

ここで、気を付けなければならない事があります。

 

もし、勃起の状態が4時間以上続いた場合は病院で診察を受けて下さい。

 

そのままにしておくと、ペニスを傷つけてしまい二度とセックスが出来なくなってしまう可能性があります。

 

ED治療薬シアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬シアリスと食事

ED治療薬シアリスは、食事の影響をほとんど受けません。

 

なので、服用してからパートナーとゆっくり食事をして(多少のお酒もOKです)も、効果が変わることはありません。

 

ただし、あまりたくさんのお酒は効果を遅らせるばかりか、まったく効果が無くなる可能性があるので、自分の適量にとどめておいてください。

 

服用してから食事をしても効果に影響が無いことは、結構大事なことで、空腹ですと感情的にも怒りっぽくなったり、相手に優しくできませんよね。

 

その点、お腹がある程度満たされていれば、気持ち的にも余裕が出来て、ベッドの中のパートナーとの雰囲気も良くなるはずです。

 

ED治療薬シアリスが食事の影響をほとんど受けないとは言っても、余り脂っこい物は効果が出るのを遅らせる恐れがありますので、適量にとどめて下さい。

 

ED治療薬シアリスは効果が長く続くため、薬自体をあまり持ち歩かなくても良いというメリットもあります。

 

1錠で36時間もの効果があるので、持ち歩いたとしてもせいぜい2錠くらいですからね。

 

バイアグラですと効果が5時間程度ですから、「お泊り」で旅行に行くような場合には何錠かまとめて持っていかなくてはなりませんし、飲み忘れの危険性も考えられますから、持ち歩く薬は少ない方が楽ですよね。

 

食べ物の影響とは少し違いますが、他の薬との「飲み合わせ」にも注意が必要です。

 

特に、ニトログリセリンなどの硝酸剤(飲み薬、舌下錠、貼り薬、吸入薬、塗り薬、スプレー)などを服用されている方は、ED治療薬シアリスは絶対に服用しないで下さい。

 

急激に血圧が下がり、最悪は死に至る時があります。

 

現在、お薬を服用している場合は、医師か薬剤師に相談してみて下さい。

 

ED治療薬シアリスをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬シアリス比較

現在ED治療薬として発売されているのは、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種類です。

 

この他に、2014年1月にシアリスと同じタダラフィルを主成分とする前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「ザルティア」が厚生労働省に認可されました。

 

正式名称は「ザルティアR錠2.5mg」「同5mg」と言い、日本イーライリリー株式会社により開発、販売されています。

 

 

厚生労働省に認可されたという事は、健康保険が使える薬という事なんです。

 

前立腺肥大症に伴う排尿障害は、加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大することで、排尿に支障をきたす疾患です。

 

主に50歳以上の男性に現れますが、「尿に勢いがない」、「尿が出にくい」、「夜間に何度もトイレに起きる」など、その症状は様々です。

 

ザルティアのタダラフィル含有量は2.5mg、多くても5mgと低用量です。

 

仮にシアリス20mg、1錠分をザルティアで補おうとした場合、ザルティア5mgだと4錠、2.5mgだと8錠も飲まなければなりません。

 

これを考えると、いくら健康保険が使えて自己負担額を軽減できるといっても、そんなにメリットはないといえます。

 

何といっても、病院の診察の際に「前立腺肥大」であることを主張し続けなくてはならないのは、煩わしいことですよね。

 

費用負担の軽減を考えるのであれば、シアリスのジェネリックを選ぶ方が得策ではないでしょうか。

 

病院でも、ザルティアを処方する際には、ED治療薬として使用されないための厳しいチェックをすると思います。

 

ED治療薬シアリス以外のお薬をもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬シアリス・国産バイアグラ

昨年は日本のジェネリック医薬品メーカーにとって、まさにエポックメイキングな年になりました。

 

ついに、厚生労働省の認可を得て、国産初の「バイアグラジェネリック」が発売されたからです。

 

バイアグラ」の成分である「シルデナフィル」の「物質特許」が2013年5月17日に特許権存続期間を満了し、勃起不全治療の「用途特許」が2014年5月13日に満了した事で、正式にどの製薬メーカーでも「バイアグラジェネリック」を製造できるようになったんです。

 

特許が満了したからと言って、すぐに製造販売できる訳ではありません。

 

とくに医薬品は、人間の健康に直接影響を与える危険性が極めて高い商品なので、各製薬会社も「生物学的同等性」や長期保存試験や加速試験など、「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経た後、厚労省から製造販売承認を得てやっと発売を開始できるんです。

 

 

そのような一連の手続きを経て、2014年5月19日に、国内大手ジェネリック薬品メーカー「東和薬品株式会社」から、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類のバイアグラジェネリックの発売が開始されました。

 

「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で、1錠1200円の価格です。

 

ジェネリックにしては若干高めかなと言う印象ですが、2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と少し低価格になっています。

 

多少金額が高くても、「国産ブランド」の安心感を求めるユーザーに、選択肢が一つ増えた事は良いことですよね。

 

ED治療薬シアリスジェネリックをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 


ホーム RSS購読 サイトマップ