恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

お問い合わせメールアクセス

恵比寿つじクリニック

男性不妊治療、検査の相談は土日も対応している恵比寿つじクリニック

メディア紹介

2018年5月17日、日刊ゲンダイ掲載、「子作り治療最前線〜ため込むより週1、2回は放出すべし〜」

●2018年5月17日、日刊ゲンダイ掲載

「子作り治療最前線〜ため込むより週1、2回は放出すべし〜」

 健常な夫婦が普通に性生活をしていれば、3ヶ月以内で約50%、6ヶ月以内で約70%、1年以内で90%近くが自然妊娠に至るとされる。女性の排卵は月1回しかないが、「普通の性生活」とは、どれくらいの頻度でセックスすることを指しているのか。男性不妊治療専門施設「恵比寿つじクリニック」(東京)の辻祐治院長が言う。

「基本週2回です。妊娠率は、排卵チェッカーやタイミング法などがなかった昔に比べれば上昇していますが、性交頻度と妊娠率が比例することには変わりはありません。子作りしてるといいながら性交渉は月1回というような、回数が足りない夫婦も多いです」

 しかし、今と昔で大きく違うのは「晩婚化」。女性は35歳くらいから加齢による卵子の質の低下で急激に妊娠しにくくなる。一方、男性の精子の質は一般的には40歳くらいから低下する。もともと精子を作る力が弱い男性だと、35歳くらいから精子の劣化が始まるという。女性が35歳以上の夫婦だとすると、男性の方が年上の場合が多いのでダブルで妊娠しにくくなるというわけだ。

 それと勘違いしやすいのは、1回のセックスで数多くの精子を子宮に送り込もうとして禁欲期間を長くしてしまうこと。子作りを考えているのなら、セックスをする、しないにかかわらず、最低でも週1、2回は射精して常に新鮮な精子を用意しておいた方がいいという。

「精子の数が多いほど妊娠しやすいと思うのは大きな間違いです。妊娠のカギを握るのは、どれだけ元気な精子がいるか。昔は勝手な思い込みで、精子の数が多い方がいいと思って1ヶ月もため込んで1発勝負という考えがありました。今でもそう思っている人がいるようですが、精子も在庫期間が長ければ古くなって元気がなくなります」

 精子の元気の良さとは、精子のしっぽの動きの良さのこと。通常、前進する精子が50%くらいいないと妊娠しにくいという。精子は季節や体調などにも影響を受けるが、禁欲期間を短くし、性交渉の回数を増やすのが子供を授かるための一番のポイントだ。
「患者さんの奥さんに『旦那に何を食べさせたらいいか』と、よく聞かれるのですが、精子も体の一部です。体にいいものをバランス良く取ればいいでしょう。ただし、肥満はホルモンバランスが崩れるので要注意です」

 精がつくとされる「マムシ」や「スッポン」などの効果は気分程度。しかし、セックスは脳でするものなので気分も大切という。